昨日この様な記事を見た。一言で言うと見る人が見れば分かる、情報商材のイントロである。
私はこの記事から読み取る事ができる内容に警報を鳴らしたいと思う。

なぜ、ミュージシャンであるガクトさんは最近マレーシアに移住したり、仮想通貨のビジネスを始めたのか?その理由は簡単で、恐らく金銭的、経済的な問題があるだろう。ブログにも書かれている様に、また様々な事業に手を出しては失敗しているところから、音楽の収入源もなく困っているのかもしれない。ここ数年は音楽活動も特に目立ってはいない。


今回のブログの記事は、与沢翼や泉忠司などがよく行う情報商材、プロダクトローンチの序章である。情報商材とは、


「努力なしに稼げる」
「一瞬で億万長者になれる」
「スマホでクリックして収入を得る」


などの甘い文句で感心を惹き、ビデオやセールスレターで3回ほど段階的に徐々に催眠術にかけ、情報弱者を洗脳して最終的に高額な商材や商品を購入させる手法である。

まだガクト氏のプロダクトローンチは始まったばかりだが、もし最終的にあなたのお金を取る様な誘い文句が出て来たり、また数回に分けてメッセージや動画などが配信されるような事があれば、注意が必要だろう。

なぜ私が今回この様な記事を書いたかと言うと、情報商材とは確かに違法ではなく、詐欺でもないのだが、

蓋を開けると中身は何もない

からである。これまで仮想通貨系はもちろん、情報商材などを購入して富を得た人、収入をアップした人は、一人もいないのが現実だ。繰り返す様だが、甘い文句で「投資すればあなたも必ず儲かる」と言う流れになるかどうかは別にして、

その様なものを購入して富を得た人はひとりもいない事を忘れないでほしい。

あなたがもし、今までその様な商材を購入した事がないのなら、尚更だ。ミュージシャンのファンというのは、変なビジネスかどうかを見分け判断するのにまだ免疫がなく、

また音楽自体が好きだからと言って、むやみに信用して手を出すのは非常に危険である。

繰り返すが、ガクト氏のブログに書いてあることに関して半分は恐らく事実だろう。しかし、半分は怪しいので私の見解をここに残すので是非参考にして欲しい。まずは、


本名ではない


という事である。以前にも本名について公開した事があるらしいが、ファンの間ではどうやらもうバレている様だ。もし自分の事業を始めるのなら、与沢翼の様に身分証明書やIDなど本名がシッカリと記載されたモノをブログにアップするべきだろう。


次に、ブログに書かれている仮想通貨や暗号通貨、お金に関する内容は半分くらいは正しい。ガクト氏が前半に書いている様に、CDは売れない時代であり、音楽で食べていくには難しのかもしれない。また、仕事や労働、投資に関する考え方を見直す必要もあるだろう。

仮想通貨やブロックチェーンが今後世界や社会に大きな影響を与えるのも事実ではある。が、しかし、

ガクト氏の新しい事業、仮想通貨関連の会社に投資するべきかどうかは、また別物である。泉忠司というネットビジネスや情報商材のプロがいるが、

ガクト氏が新しい種類のアルトコイン、暗号通貨の話をして「これから上場する」「高くなったら儲かる」という話になったら注意が必要だ。

もしあなたが仮想通貨やビットコイン、リップルやライトコイン、イーサリアムに興味があるならコインチェックザイフ(Zaif)などに登録していれば、売買したり普通に取引ができる。ここであなたに伝えたいのは、

この世に美味しい話なんてないという事だ。自分がもし理解できないのなら、投資をするべきでない。
「いい人だから」というのは、投資して良いか悪いのかは関係がないのだ。あなたは、あなたのお金を守らなければならない。

私は音楽を愛しているが、もし尊敬するミュージシャンが一時的な大金の為に、大切なこれまで応援してくれたファンの財布を狙ってるのであれば、ガッカリしてしまうだろう。

この記事はいち個人の意見と感想であり、参考にして頂ければと思う。私は、普通にコインチェックやザイフ(Zaif)などを利用して、ビットコインやアルトコインを長期的に保有するべきだと思う。新しい仮想通貨や美味しい話に飛びつくのではなく、イーサリアムとは何か、ブロックチェーンとは何か、ビットコインやリップルとは何か、しっかり理解するべきだろう。有名人の名前を使い、振り回されてはならない。TripAdvisor (トリップアドバイザー)